W洗顔はなんで肌に良くないのでしょうか?

まずクレンジングでメイクを落としてから、その後に洗顔料で洗顔をするW洗顔。

 

これは、普段メイクをしている多くの女性が毎日のように行っていることでしょう。
けれど、二度洗いは肌にとって洗いすぎなどといった負担にはならないのでしょうか?
W洗顔
そこで今回は、W洗顔が肌に優しいのかどうかを調べてみました。

 

ファンデーションやチークなどのメイクをそのまま肌に放置しておくと、
肌にとってとても負担のある、強い刺激になってしまいます。

 

そこで、まず最初にクレンジングでメイク汚れをしっかり取り除いてから、
残りの皮脂などを落とすために洗顔料を使って洗顔をするのが、いわゆるW洗顔です。

 

けれど無理に汚れを落とそうとしすぎて、肌に刺激を与えてしまうこともあります。

 

特に、アトピー体質の方や敏感肌または乾燥肌の方は、肌荒れにつながることがあるようです。
W洗顔を続けているうちにお肌のトラブルに見舞われる、なんてことも起こりえます。

 

肌の丈夫な方はW洗顔でしっかりと洗っても平気なことが多いんですが、
敏感肌などの方は、クレンジングの後は洗顔料を使わず、
ぬるま湯だけの洗顔にしておくなど、W洗顔による刺激は避けた方がいいでしょう。

 

そもそもW洗顔不要ってどういう意味なの?

 

テレビCMや薬局店内の広告などで、
「W洗顔不要」というキャッチコピーを見たことがありませんか?

 

マナラホットクレンジングゲルもそうですね。

 

それが一体どのようなものなのか、気になっている方も多いと思います。
そこで今回は、この「W洗顔不要」とはどういうことなのかをご説明します。

 

そもそもW洗顔ですが、
こちらはオイルタイプやクリームタイプのメイク落とし専用のクレンジング剤で、

 

まずメイク汚れを落とします。
その後に洗顔フォームや固形石鹸を使い、皮脂などの汚れを落とすための洗顔をします。

 

洗顔を二回に分けて行うので、W洗顔と言われています。
洗面台
それとは反対にW洗顔不要とは、クレンジング剤と洗顔剤を用いて、
二回行っている洗顔を一度ですませてしまうということです。

 

このW洗顔不要の商品には、メイクなどの油分の強い汚れを取り除くクレンジングの成分と、
皮脂などの汚れを落す洗顔剤の成分がどちらも入っています。

 

そのため、このW洗顔不要の商品を使うことで、
一回の洗顔でメイクや皮脂などの汚れをいっぺんに落とすことができます。

 

洗顔の時間短縮にはもってこいの商品だと言えますね。

 

洗顔に手間をかけられないという方、日頃あまり時間がないという方は、
W洗顔不要の商品を使ってみるのもいいかと思います。

 

マナラホットクレンジングゲルを楽天で買うの?TOPページへ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加